sidの不定期観察日記

ど素人が物欲に任せて管理する水槽の記録。

エリスロミクロン

どうも、sidです。

今日も水槽とにらめっこしてます!

 

先日導入した、超ビビリな新入り

エリスロミクロンについて

自分なりに情報収集したので、まとめ。

f:id:sid_aqua:20170328223249j:plain

「チャームHPより」

分布:ミャンマー インレー湖

学名:ダニオ・エリスロミクロン

分類:コイ目コイ科ダニオ属

最大体長:約3cm

水温:23~26℃

水質:中性~弱アルカリ性

餌:人工飼料・生餌

ミクロラスボラ属からダニオ属へ変更された。

青い体色に細かいバンドが入り、尾びれの

付け根に黒いスポットが入る。

臆病な性質のため、食が細く痩せやすい。

サイズが同程度で、温和な種との混泳可能。

 

インレー湖は高原にあるので、気温が下がることも

多く、実は10℃ぐらいまでは大丈夫。

弱酸性の水質でも問題なく、飼い込めばそれなりに

色は上がってくる。

水流は極力少なく、止水に近い方が良い。

中~低層を泳ぎ水草の陰などに隠れる事が多いが

慣れると水面の餌を食べに来る事もある。

餌は好き嫌いが多く、細かく砕いた沈下性が良い。

オスの方がバンドが太く(少ない)、鮮やか。

産卵は、ばら撒きタイプで数日で孵化するため

繁殖を狙うなら、卵を回収し隔離した方が良い。

 

f:id:sid_aqua:20170328223310j:plain

我が家の状況

2017/3/23導入:12匹

水温:23℃

水質:pH6.8~7.0

餌1:メダカの舞ネクス

餌2:ひかりFDビタミンビラインシュリン

ヤマトヌマエビミナミヌマエビと同居

 

メダカの様に餌を求めて、水面に集まる事は無く

餌が水流で沈んだ時に、視界に入ると

スーッと寄って来て、食べたらUターンなので

浮上性の餌が、たまに沈んで来るぐらいが

ちょうど良いみたい。

もちろん、餌くれダンスも無し。

隠れる場所が無いので、水槽の前に座ると

水槽奥側の左右の山を、数匹ずつ右往左往。

少しずつ慣れてきている雰囲気はあるので

落ち着いたら、数を増やしたいと思います。

 

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 初心者アクアリストへ